3月からダイエットを始めると夏までに腹筋を割ることができますよ。

こんにちは!

広島市中区幟町にあるパーソナルトレーニングジム

カロリートレードヒロシマ 代表パーソナルトレーナーの庄司大輔(しょうじだいすけ)です。

3月からダイエットを始めると夏までに腹筋を割ることができますよ。

3月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。
4月になると桜が咲いて、だんだん暑くなってきて、あっという間に夏が来ます

夏といえば、海、プール。
締まった体と割れた腹筋を手に入れて、今年の夏を満喫したい。

そんな、皆さんの願いを叶えるべく、夏までに腹筋を割る方法について解説します。

 

腹筋が見える条件とダイエットの最適なペースとは

腹筋が見えるようになる条件は、体脂肪率を15%くらいまで下げることです。
そのためには、1ヶ月に2キロから3キロ減量するペースでダイエット、最適な筋トレをする。
この2つがポイントです。

7月までにはまだまだ時間がありますから、腹筋を割って魅力的なお腹まわりを手にしたいなら、直ぐにでも筋トレを始めることをおすすめします。

1ヶ月に2キロから3キロ減量というのは、一見するとキツそうなイメージですが、キツいのは最初だけで慣れると余裕が出てきます。
大切なのは目標を明確に設定すること、そして一定のペースを保ち、変化や経過を確認しながらゴールを目指すことです。

体脂肪率を減少させるダイエットが大事ですから、筋トレに加えて食事内容やバランスの見直しもしたいところです。
いずれにしても、7月までに1ヶ月に2キロから3キロ減量できれば、腹筋が見えてくる可能性は十分にあるでしょう。

勿論、体脂肪率が高い人はペースを上げる必要があるでしょうが、無理のない範囲でダイエットをすることが基本です。
更に腹筋だけでなく、他の筋肉も使ったり鍛えることで、全身で体脂肪を燃焼させると効率的です。

目標があって近づいている実感が得られると、苦しくても楽しく続けられますから、その点を念頭に取り組むのがおすすめです。

食事を変える

割れた腹筋を手に入れるにはダイエットが必須です。
そのダイエットでは筋トレも大切ですが、食事はそれ以上に大切と言えます。

ダイエットとは単純に考えるとカロリー制限をすると言うことです。
エネルギーの摂取量よりも消費量を増やすことで、体脂肪が減少して痩せていく結果となります。

ただ、極端なカロリー制限は栄養不足を引き起こし、めまいや立ちくらみなどに繋がるので要注意です。

ダイエットにおける食事管理方法としては、様々な理論があります。
今回は、ローファットダイエット(低脂肪ダイエット)と、ローカーボダイエット(低糖質ダイエット)を取り上げます。

ローファットダイエットは、名前の通り脂質の摂取を控えめにして、糖質を主なエネルギー源とするダイエット方法です。
炭水化物の摂取を極端に我慢しなくても良いので、ご飯やおやつをある程度食べたい人に向いています。
早く痩せたいからと、炭水化物を大幅に控えるとカロリー不足が生じますから、あくまでも脂質を制限することに主眼を置きます。

ローファットダイエットのポイントは、P=タンパク質とF=脂質とC=炭水化物(糖質)の割合を4:4:2程度にすることです。
この比率のことを、PFCバランスといいます。(P=protein F=fat C=carbohydrate)

逆に、炭水化物を控えめにするローカーボダイエットは、ご飯や小麦類を減らし、脂質やタンパク質でカロリーを補うやり方です。

どちらが良いかはその人の体質や現在の食事内容によりますが、無理なく少しずつ食事を変える必要があるのは共通点です。
余ったエネルギーが体脂肪となる糖質や、少量でもカロリーが多い脂質は、単純に量を減らせば体脂肪が付きにくくなります。
そして、体についている体脂肪が燃焼されるので、ダイエットによって体脂肪が減少し、腹筋が見えるきっかけになります。

タンパク質を多く取ることが重要

タンパク質を多く取ると、筋肉の材料に余裕ができて、筋トレの効果が更に高まることになります。

筋肉に変わるタンパク質は、摂取量が減ると筋肉が分解されやすい状態になるので、筋トレ後は速やかに摂取して補うことが大事です。
効率的なダイエットを目指す人は特に、カロリー制限でタンパク質を不足させないように気をつけましょう。

筋トレにおけるダイエットのコツはPFCバランスで、タンパク質を40%、脂質を20%、炭水化物を40%といった割合で摂取することです。
具体的な摂取量は、体重x2g以上で算出された結果で、この数字を目安に食品成分表示を見て食べる量を決めましょう。

当然ですが、食べ物は脂質や炭水化物などで構成されていますから、1つの栄養素だけを摂取するのは困難です。
お店で食品を手に取る時は食品成分表示全体に目を通し、PFCバランスを意識して比較検討を行うのが正解です。

ダイエット中の人は、食事量を減らすことでタンパク質不足になりやすいので、普段よりも少し多めに摂取するつもりで食事をすると良いでしょう。

栄養バランスに意識を向けたり、食事内容からPFCバランスが分かるようになれば、より腹筋が割りやすい栄養摂取が実現するはずです。

トレーニングを習慣化する

トレーニングはダイエットを大きく前進させるもので、習慣化は体重の減少や腹筋を割ることを後押しします。

有酸素運動よりも筋トレに取り組むと、短期間の内に筋肉量が増えて、基礎代謝が上がり体脂肪の燃焼が促進されます。
有酸素運動もダイエットに繋がりますが、まずは筋トレで筋肉を増やし、効率良く体脂肪を消費することがポイントとなります。
ただし、普段あまり運動をしない人は、いきなりトレーニングを頑張ろうとしても3日坊主になりがちです。

トレーニングのペースを掴み維持する為には、モチベーションを上げる、またそれを保つ必要があります。
自分でモチベーションが保てる人はダイエットの素質がありますが、そうでないなら素直にパーソナルトレーナーをつけるのが得策です。

パーソナルジムに通うと、筋トレに最適な器具が使えますし、何よりパーソナルトレーナーが直接筋トレを見てくれるので、効率改善に役立つアドバイスが得られます。
自分で良いと思っている筋トレも、プロの目で見ると無駄が多かったり、改善できる点があったりします。

より筋肉を使える筋トレが分かると、モチベーションは上がってトレーニングが習慣化しやすくなります。
だからこそパーソナルジムに通うのは合理的ですし、パーソナルトレーナーから指導を受けると目に見える形で体重が減り、体脂肪も減って体が引き締まります。

ダイエットの専門家に頼る

効果的で確実で満足度の高い効率の良いトレーニングを実現させるためには、説得力のある体を手に入れているダイエットの専門家に教えを乞うのが得策でしょう。
具体的には、フィットネスコンテストであるボディビルやフィジークなどで成功を収めていてる人がおすすめです。

実績が豊富で確かな知識を持っている成功者に指導してもらうのが、最も手っ取り早い方法です。
専門家に指導してもらうことで得られるメリットとしては、様々なダイエットの理論、テクニックを教えてもらえることがあります。
タンパク質を効率良く摂取する方法やおすすめのプロテイン、有効なアミノ酸サプリの知識などを得ることが可能です。

また、腹筋を割るためのトレーニングを熟知しているのでわからないことがあれば何でも相談することが出来ます。
筋肉量を効率良く増やす方法や体脂肪率を低下させるためのメカニズムについても、身をもって知り尽くしているので信頼できるでしょう。
トレーニングのコツや停滞期からの脱出方法、ダイエット中のモチベーション維持の方法などもアドバイスしてもらえます。

ダイエットにおける悩みや不安に寄り添ってくれるので、とても心強いのではないでしょうか。

自分一人でダイエットや筋トレを行うとなると、思うような効果や結果が得られず途中で諦めたり妥協したりしてしまいがちです。
しかしながら、説得力のあるトレーナーが近くにいればいざというときに強い味方となってくれるはずです。

まずは、信頼できる良いトレーナー選びから始めてみましょう。

パーソナルトレーナーは、トレーニングについてはもちろん、ダイエット中の食事やサプリメントに関する知識も豊富です。
気になる事があれば、気軽に質問してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
以上、広島市のパーソナルトレーニングジム、カロリートレードヒロシマの代表パーソナルトレーナー庄司大輔がお送りしました。


– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
広島で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

庄司 大輔
しょうじだいすけ

トータルセッション数

2,500回

今まで行ったパーソナル数。月180セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

380人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約380人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

広島中区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/4位

広島のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事一覧