BLOG

ブログ

こんにちは!

広島市中区幟町にあるパーソナルトレーニングジム

カロリートレードヒロシマ 代表パーソナルトレーナーの庄司大輔(しょうじだいすけ)です。

ダイエットの天敵である停滞期が来る理由や対策方法とは

ダイエットを頑張る人のほとんどが経験したことがある、「停滞期」。
今まで順調に減ってきたのに、急に体重が落ちにくくなったら、ダイエットのやる気もそがれてしまいます。
この停滞期を乗り越えられるかどうかで、ダイエットが成功するかしないかが決まると言っても過言ではありません。

今回はなぜ停滞期が来るのか、そして停滞期を乗り越えてダイエットを成功に導く方法をいくつか紹介しましょう。

■目次

      1. 停滞期とは!?どんな時にやってきていつまで続くの?
      2. 停滞期を上手く乗り越える方法4選
      3. 【まとめ】乗り越え方を知れば怖くない

停滞期とは!?どんな時にやってきていつまで続くの?

順調に体重が落ちていたのに、ある日突然体重が落ちにくくなってしまうことを停滞期と呼びます。
停滞期がやってくる原因に深く関わっているのが、人間にもともと備わっている機能である「ホメオスタシス機能」です。
ホメオスタシスとは、生命維持装置の機能のことで、体内の環境を一定に保とうとする性質を指します。

食事からのエネルギー吸収率や、活動による消費エネルギーなどは、このホメオスタシス機能により調節されています。
大幅な体重減少など、何か急激な変化を感じた際にはホメオスタシスが発生し、食事によるエネルギー吸収率が上がり、運動による消費量が少なくなる、これが停滞期の正体です。
ホメオスタシスは、約5%の体重が減少した時や、ダイエットを初めて一ヵ月が経過する頃に起こる機能と言われています。

ホメオスタシスは1日や2日で効果が切れるものではありません。
停滞期の期間は個人差があり、短い人で2週間、長い人で2ヵ月ほど体重が落ちにくい状態が続いてしまいます。
ダイエットのブレーキ的な役割を持つということで停滞期は悪者扱いされがちですが、停滞期が来るということは身体の機能が正常に働いており、ダイエットが順調に進んでいる証拠でもあります。
停滞期を乗り越えることができれば、今後さらに体重を落とすことができ、ダイエットを成功させることができるようになるでしょう。

停滞期を上手く乗り越える方法4選

チートデイを設ける

チートデイとは、意図的に大量のカロリーを摂取する日を作ることを言います。
停滞期に入ると身体は危機感を感じ、脂肪が燃焼しづらくなってしまいます。

そこで、何を食べてもいいチートデイを設け、定期的に多くのエネルギーを補給することにより、ホメオスタシスを解除することができる可能性があるのです。

チートデイにはルールがあり、それは「一定期間(1週間~1ヶ月)に1日程度行う」「体重×40kcalを基準に摂取する」ということ。

チートデイはあくまで停滞期をスムーズに脱するために行うものです。
そのため、ダイエット前の体重と比べて5%以上の減量が無い、もしくは体脂肪率が25%以上の場合、チートデイを設けてもあまり意味がないので控えるようにしましょう。

筋トレをする

停滞期に突入すると脂肪燃焼効率が下がり、そして体はこの代謝がダウンした状態に慣れてきてしまいます。

そこで必要になるのが、基礎代謝をアップするということです。
基礎代謝とは「1日何もしなくても消費するカロリー」のことで、筋肉量が多いほどこの基礎代謝量は高くなると言われています。

極端な食事制限など、無理なダイエットをすると体脂肪だけでなく、筋肉量も落ちている可能性があるでしょう。
筋トレでしっかりと筋肉を成長させることで、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。

人間の身体の筋肉は「7割が下半身に集中」しているので、基礎代謝量を増やす時は「ヒップリフト」や「スクワット」などの下半身ダイエットがより効果的です。

プロに相談してみる

停滞期に陥り、減量の成果が出ないと「自分のダイエット方法が間違っているのかな」と不安になってきます。

そんな時は、近くにあるパーソナルジムやスポーツジムを探し、パーソナルトレーニングを受けてみるという方法も良いでしょう。
パーソナルトレーナーにアドバイスを求めることで、自分の目的に合った最適なトレーニングや、停滞期の乗り越え方、何を食べたらいいのかなどを丁寧にレクチャーしてもらえます。

ダイエットを成功させるためには、知識を身につけ、正しいダイエット法を実践していくのが一番の近道です。
一緒に悩み、頑張ってくれるトレーナーが近くにいることで、自然とやる気も湧いて来ます。

体重計に乗らない

停滞期を乗り切るためには、思い切って体重計に乗るのをやめることも大切です。

停滞期は一生続くわけではなく、遅かれ早かれ終わりがやってきます。
しっかりとした食事制限や各種トレーニングを続けるならば、体重計で毎日体重を測る必要はありません。

停滞期を乗り越えるためには、「ダイエットを諦めずに継続させる」ことが重要です。
体重を意識しなければ、停滞期の存在を気にすることになく、自分のペースでダイエットを続けることができます。

乗り越え方を知れば怖くない

停滞期は誰にでも起こりうることであり、ダイエットの成功はこの停滞期の向こう側にあります。

停滞期が来る理由や乗り越え方を知ることが、停滞期脱出への近道です。

停滞期が来たら、チートデイを設けたり、トレーニング内容や環境を変えてみたり、パーソナルジムに通ってみたりなど、いつもとは別の角度からアプローチし、対処していきましょう。

パーソナルトレーナーは、トレーニングについてはもちろん、ダイエット中の食事やサプリメントに関する知識も豊富です。
気になる事があれば、気軽に質問してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
以上、広島市のパーソナルトレーニングジム、カロリートレードヒロシマの代表パーソナルトレーナー庄司大輔がお送りしました。


– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
広島で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

庄司 大輔
しょうじだいすけ

トータルセッション数

2,500回

今まで行ったパーソナル数。月180セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

380人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約380人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

広島中区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/4位

広島のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事一覧